FC2ブログ

プロフィール

shasinyasan

Author:shasinyasan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2020/11/20 (Fri) 15:30
新型コロナの、お酒への、思わぬ影響

 なかのひとです。
 先日、見慣れていないものを見掛けまして。

 常飲酒、愛飲酒がある方は、少なくないと思います。
 うちにもその様な日本酒の銘柄がありまして、まあ、その銘柄の一番下、いわゆる精撰と言うランクのお酒なのではありますが……って、あれ、おかしいぞ、「精撰」って、「選りすぐり」って言う意味のはずなんですが。
 閑話休題。まあ、その、いつも飲んでいる銘柄のラベルの一部が、違っているのです。

 「精撰」と書かれていたはずの所に、「純米精撰」と書かれている。

 「純米」って、何? いわゆる「精撰」ランクのお酒には、醸造用アルコールが添加されているんじゃないの?

 聞いた話に拠ると、食品に添加される醸造用アルコールは、そのほとんどが海外で生産されているのだそうです。
 ですが、この新型コロナウィルスの影響で、消毒用のアルコールの需要が高まっています。それで、海外からのアルコールの入手が難しくなり、日本酒に添加する醸造用アルコールも、なかなか手に入らないだそう。
 そこで、この酒蔵さんでは、それまで醸造用アルコールを添加していた銘柄も、それ無しでの瓶詰めをして出荷しているだそうです。その為に、結果的に、「精撰」クラスのお酒から、純米酒となりました。

 今までは、純米酒と言えば、そうでは無いお酒よりも上のランクのお酒として、扱われていた様に思います。
 ですが、この様な経緯を聞きますと、上から下まで全てが純米酒となっている現在、何がお酒の価値なのか、と言う事を、改めて考えてしまいます。
 新型コロナウィルスは、こんなところでも、価値の再考や再構築を、うながしているのですね。

 まあ、そんなこんなで。





山形県米沢市のフォトスタジオ、吉田写真館はこちら、またはこちらから

yoshida-url.gif

お問い合わせはこちらから

Twitter アカウント: @yoshida_shashin
----------
山形の「米沢のしゃしんやさんのページ」はこちら
スポンサーサイト



| ホーム | 雪囲い、始まりました >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP